《ビル衛生管理業務》

法律で定めのある、特定建築物の管理を行います。 
特定建築物とは、百貨店・興業場・事務所・集会場・図書館・博物館・遊技場・店舗・学校教育法による学校以外の学校等で、延面積が 3,000u以上のもの、または学校教育法に規定する学校にあっては、延面積が8,000u以上のものをいいます。
 

作業内容は以下の通りです。 
 
@ 空気環境測定  浮遊紛塵・酸素ガス・温度・湿度測定 
 
A 貯水槽清掃   受水槽・高架水槽・汚水槽・雑排水槽等の清掃 
 
B 飲料水の検査  水質検査・残留塩素測定等 
 
C 害虫駆除     ゴキブリ・ネズミ等の害虫の駆除 
 
D 清掃及びゴミ処理定期的に実施し衛生的な方法で汚物を処理する 

建築物衛生管理技術者の選任 
  特定建築物所有者は、ビル管法に基き建物の維持管理が適正に行われるように、技術者  を選任しなければならない

 

トップ 
トップ